お知らせ

院内イメージ

新型コロナウイルス感染拡大に対して、緊急事態宣言が発令されました。

 

当院ではこれまで以上に手指消毒を徹底し、院内をこまめに換気し、直接肌に触れるものに関しては清潔な状態を保つようにして診療を続けます。

また当院はベッド1台のみの完全予約制を取っておりますので、不特定多数の方と同じ空間をともにすることはありません。

ただ、このような状況ですので、治療院に来ること自体が不安な方もいらっしゃると思います。不安な気持ちを抱えたままで治療を受けられると、効果の現れ方にも影響が出ます。来院を迷われている方は一度ご相談いただくか、無理をなさらずキャンセルをご検討ください。

 

来院に際し、新型コロナウイルス感染拡大予防のためのお願いがあります。

鍼灸院では新型コロナウイルスに感染しているかどうか確認できないため、風邪症状がある方の受診を控えていただくよう対応しております。発熱していなくても、下痢や嘔吐などの症状がある場合はご遠慮ください。既にご予約を頂いている場合は、来院前にご一報頂けると助かります。お辛いところ申し訳ありませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

東洋医学の根本的な考え方の1つに「未病を治す」というものがあります。病気になるのを防ぐという意味ではあるのですが、もっと深い意味があります。

それは、東洋医学の視点で患者さんの体質を見極め、その人が罹りやすい症状を予測し、その症状にならないように治療をし、病が発生するのを未然に防ぐ、ということです。

西洋医学は患者さんが病気になった部分を細かく診て対処することに優れた医学ですが、東洋医学は患者さんの身体全体を診て対処することができる医学です。

新型コロナウイルスに対して、西洋医学に従事する方々は日々罹患した患者さんの治療にあたりながら、有効な治療法やワクチンの開発に最善を尽くしています。これは東洋医学にはできないことです。対して、東洋医学では、元気な方が感染しないような身体に調える、そして万が一感染しても発症させない身体に調えることができるという治療ができます。 

 

患者さんの安全と安心を第一に、 今後も国と都の対策に準じて随時対応します。よろしくお願いします。

 

 

 新型コロナウイルスの感染拡大が深刻な状況となっております。

当院ではこれまで以上に手指消毒を徹底し、院内をこまめに換気し、直接肌に触れるものに関しては清潔な状態を保つようにしておりますが、来院に際し、皆様に新型コロナウイルス感染拡大予防のためのお願いがあります。

鍼灸院では新型コロナウイルスに感染しているかどうか確認できないため、風邪症状がある方の受診を控えていただくよう対応しております。発熱していなくても、下痢や嘔吐などの症状がある場合はご遠慮ください。既にご予約を頂いている場合は、来院前にご一報頂けると助かります。お辛いところ申し訳ありませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

東洋医学の根本的な考え方の1つに「未病を治す」というものがあります。病気になるのを防ぐという意味ではあるのですが、もっと深い意味があります。

それは、東洋医学の視点で患者さんの体質を見極め、その人が罹りやすい症状を予測し、その症状にならないように治療をし、病が発生するのを未然に防ぐ、ということです。

西洋医学は患者さんが病気になった部分を細かく診て対処することに優れた医学ですが、東洋医学は患者さんの身体全体を診て対処することができる医学です。

新型コロナウイルスに対して、西洋医学に従事する方々は日々罹患した患者さんの治療にあたりながら、有効な治療法やワクチンの開発に最善を尽くしています。これは東洋医学にはできないことです。対して、東洋医学では、元気な方が感染しないような身体に調える、そして万が一感染しても発症させない身体に調えることができるという治療ができます。 

 

東洋医学に関わる1人として、少しでも多くの方々の健康のお手伝いができたらと日々治療にあたっておりますが、このような状況ですので治療院に来ること自体が不安な方もいらっしゃると思います。不安な気持ちを抱えたままで治療を受けられると、効果の現れ方にも影響が出ます。来院を迷われている方は一度ご相談いただくか、無理をなさらずキャンセルをご検討ください。また、来院を検討されている方は、少しでも迷いがある場合は焦らずゆっくり考えてみてください。

 

よろしくお願いします。

 

  

 

 

 

2020/03/24 更新

4月の休診日

4月の休診日のお知らせです。

5日(日)

12(日)

13日(月)

19日(日)

26日(日)

 

よろしくお願いします。

新型コロナウイルス感染症の対応につきまして、当院ではマスク着用の上、手指消毒を徹底しております。

来院に際して、微熱等の症状がある場合は事前に電話にて状況をお知らせ頂けると助かります。

 

以下、厚生労働省のサイトからの引用です。

・風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く場合 (解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です。)

・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合

※高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患など)の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている方で、これらの状態が2日程度続く場合は、帰国者・接触者相談センターに相談してください。 妊婦の方は、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センターに相談してください。 

 

どうぞよろしくお願いします。

2020/02/14 更新

3月の休診日

3月の休診日のお知らせです。
1日(日)
8日(日)
15日(日)
22日(日)
29日(日)
※7日(土)は9:00〜14:00までの診療となります。
よろしくお願いします。
1 2 3 4 5 6 7 8 9
このページのトップへ
はりぶろぐ